資産性を見極める不動産のランク

不動産の需給関係は、そのエリアの売り出し件数と成約件数の相対的割合と人口密度を調査することで、およそわかるとされています。
たとえば、売り出し物件数が少ないのに、成約物件数が多ければ、それだけ不動産が売れるエリアだと考えられ、需要が高いところだと判断可能です。
売り出し物件数のデータは、不動産業者のホームページや一般公開されている国のデータベース、不動産ポータルサイトでも確認することができます。
人口密度は各自治体のデータや実際に現地を見ることで確認可能です。
不動産は人が集まるところほど価格が高くなる傾向にありますから、ランクの高低に影響が強い人口密度はしっかりと把握しておくことが大事になります。
加えて、希少性のある物件とはデータを見て、あまり見当たらない物件のことになりますが、希少であれば何でも良いということでなく、買主の欲しがる希少性なのかがポイントです。
さらに不動産には資産性とは別に生活満足度という価値があります。
しかし、これは人が変われば変わるものなので、金額等には影響しません。

none